top of page

黒木瞳さんの朗読劇の舞台セットを制作しました。


女優・黒木 瞳が企画、脚本、そして出演する初の朗読劇『ルビンの壺が割れた』が6月に上演される。


『ルビンの壺が割れた』(新潮文庫刊)は、覆面作家・宿野かほるによるる衝撃の問題作。元恋人からの一通のメッセージをきっかけに始まる電子書簡形式で綴られた本作は、先の読めない展開と衝撃のラスト、これまでにない読書体験が話題を呼び、またたく間にネット上に賛否両論の渦を巻き起こした。

この作品に心奪われた黒木 瞳が出演に加えて自ら脚本を手がけ、朗読劇としての上演する。


舞台セットデザインには、発泡断熱材を使った世界初のオリジナル技法「光彫り™(ひかりぼり)」で注目を集める美術家・ゆるかわふうが手がける。


朗読劇

『ルビンの壺が割れた』

◆原作 宿野かほる『ルビンの壺が割れた』(新潮文庫刊)

◆脚本 #黒木瞳

◆演出 #川名幸宏

◆出演 結城未帆子・・・・・・・黒木 瞳

水谷一馬・・・・・・・・ #渡辺いっけい

語り部(W キャスト)・・

#細谷佳正#陳内将

◆期間 2023 年 6 月 13 日(火)~ 15 日(木)

◆会場 #紀伊國屋サザンシアター



チケット

https://eplus.jp/sf/detail/3875920001



bottom of page