藤田ニコル にこるん_edited.jpg

NICOLE  FUJITA

誰も体験したことのない世界へ

世界初のオリジナル技法「光彫り(ひがりぼり)」が生み出す圧倒的な空間感

壁や床の裏側に入っている発泡断熱材「スタイロフォーム」を使用

独自の方法で断熱材に凹凸をつけることによって様々な質感と、光の陰影を表現

工業製品から浮かび上がる鮮やかな色彩が無限の奥行きを実現

1/6

光彫り作家 ゆるかわふう

1980年 大阪府出身

2005年 東京藝術大学美術学部建築科卒業

2008年 同大学院芸術学(美術解剖学)修了

発泡断熱材『スタイロフォーム」を使用した世界初のオリジナル技法「光彫り」を考案。

神奈川県湯河原町を拠点に美術作品を制作。

2022年1月-3月神戸ファッション美術館、

2023年5月-7月福岡アジア美術館にて

個展開催予定。

NHK、テレビ東京、日本テレビのテレビ番組などでも多数紹介され、新進気鋭の現代アーティストとして各界から注目されている。

ゆるかわふう.jpg

PROFILE

展覧会情報

個展 2021.6/17〜8/17
名古屋 有松


個展 2021.7/21(水)〜8/28(土)
湯河原離宮(エクシブ会員のみ)


個展 2022年1月〜3月
神戸ファッション美術館

個展 2023年5月〜7月
福岡アジア美術館

​(展示の詳細は決まり次第お知らせいたします。)

ご登録ありがとうございました。

展示会やメディア出演などの新着情報をメールにてお届けいたします。

NEWS

レストランで暗闇に輝く青い松の大作品

Restaurant

驚きと感動の体験をともに

美術館やギャラリーでの展示にとどまらず、さまざまなイベントやコンサート、舞台セットとしても使用され、これまで多くのお客様とともに、驚きと感動の空間を体験してきました。「光彫り」は最先端をいく日本の芸術文化として、世界のアートシーンに新たな可能性を切り開きます。

MEDIA

光彫り作品は発泡断熱材を彫って描いていく特殊性と、そこから浮かび上がる色彩の美しさから、多くのメディアで紹介され、今までになかった新しい芸術表現として多くの方々にご覧いただいています。

MOVIE

INSTA

よくある質問

Q.作品をレンタルしてイベントなどで展示することはできますか?


はい。可能です。 日光が差し込まない暗闇か、夜間であれば美しく光ります。 ホテルや旅館のコンベンションホール、ロビー、レストラン、お寺、観光施設、コンサートや舞台背景として貸し出した実績があります。 作品が傷つきやすいため、展示先における作品の保護、管理が 行き届いていることや、盗難防止の対策が十分に取られていることが前提となります。 また、作品は紫外線に弱く、汚れやトラブル防止の点から、屋外での展示はできません。 神奈川県湯河原町から搬送し、設置いたします。 コンタクトページより、イベント内容、展示場所の状況などを 詳しくお知らせください。 お見積りいたします。 お電話やEメールでのお問い合わせも受け付けております。 森晴画廊 TEL: 03(6277)5426 Email: hello@moriharu.co.jp レストラン展示例




Q.作品を購入することはできますか?


はい。可能です。 光彫り作家ゆるかわふうの作品はスタジオトロッコにて取り扱っております。 また、個展にて販売する場合がございます。 詳細は当サイトコンタクトページよりお問い合わせくだださい。




Q.作品のオーダーはできますか?


はい。可能です。 どのようなモチーフを描きたいか、お知らせください。 ご相談の上、世界に1つだけの作品を制作いたします。 現在、作家の制作が立て込んでいるため、 完成までに半年〜1年間程度お待ち頂く場合があります。 お見積りいたしますので、 コンタクトページより、 おおよその希望サイズ、もしくはご予算をお知らせください。 Eメールでのお問い合わせも受け付けておりますので、 お気軽にお問い合わせください。 スタジオトロッコ torocco@yurukawafuu.co.jp




Q.作品はどこで観れますか?


作品を常設で展示している場所はありません。 展覧会のお知らせは、当サイト、フェイスブック、インスタグラムなどで お知らせしていますのでフォローをお願いいたします。 また、本ページ中段のNEWS登録欄にメールアドレスをご登録していただきますと、展覧会やメディア出演の情報をメールにて直接お届けいたします。




Q.作品はどのような場所に設置できますか?


作品は暗闇の中で美しく輝きますので、 暗い室内、もしくは夜間に楽しむことができます。 作品本体、額縁、LED照明、電源コードをセットにしてお届けいたします。 ただし、作品は紫外線に弱く、傷つきやすいことから 常に日光の当たる場所での設置は避けるようにしてください。 ●壁への取り付け方法 A.ピクチャーレールからワイヤーを垂らしての吊り下げ方法 B.壁にビスで支持板を取り付けて固定する方法 C.床や棚の上に直接据え置く方法 などがありますが、 Bの方法はワイヤーが見えず、見た目も美しいので推奨しております。 ビスを打ち込める構造の壁面なら小作品から大作品まで美しく飾ることができます。 また、電源供給のためアダプターをコンセントに差し込み、 ケーブルを作品につなぎます。 B.ビス打ちによって直接壁面に固定する例 B.壁に直接固定する例