更新日:1月18日



展覧会A4チラシ
.pdf
Download PDF • 536KB

特別展 「光の芸術家 ゆるかわふうの世界 ~宇宙(そら)の記憶~」

展示詳細


※1月29日(土)のドークイベントの申込みは終了いたしました。

--------------

会期 2022年1月29日(土) - 3月27日(日)

開館時間 10:00 – 18:00 (入館は17:30まで)

休館日 月曜日、3月22日(ただし3月21日は開館)


入館料

一般 1,000円(800円)

65歳以上・大学生 500円(400円)

高校生以下 無料

神戸市内在住の65歳以上 無料

※カッコ内は有料入館者30人以上の団体料金。

※小学生以下は保護者(大学生以上)の同伴が必要。

※神戸ゆかりの美術館、小磯記念美術館の当日入館券(半券)で割引。

※ドレスの試着、デジタルサイネージは中止しております。ご了承ください。

※新型コロナウイルス感染拡大の影響で変更の場合があります。


主  催 : 神戸ファッション美術館、神戸新聞社、毎日新聞社

後  援 : サンテレビジョン、ラジオ関西

協  賛 : デュポン・スタイロ株式会社

企画協力 : TNCプロジェクト

展示協力 : 大阪樟蔭女子大学


神戸ファッション美術館

兵庫県神戸市東灘区向洋町中2丁目9−1

078-858-0050

【アクセス】

(1)六甲ライナー「アイランドセンター」から徒歩で約3分

(2)三宮・新神戸から「日交バス(愛称:サブローバス)」と「みなと観光バス」の2社が共同運行しています。 (三宮-神戸ベイシェラトン 約18分、新神戸-神戸ベイシェラトン 約26分)


グーグルマップ 地図

https://goo.gl/maps/pwLM3C6AcFD1n6SAA



ーーーーーーーーーーーーーーー

背後からLED光源を当てた断熱材に凹凸を作ることによって陰影を表現する「光彫り」というオリジナル技法の作品を創作する、

現代アーティストゆるかわふう。

光彫り作品は、建築用の断熱材やLED照明などの工業製品を使って宇宙空間や成層圏、海中など、

20世紀になってから私たちが初めて見ることができるようになった世界を主に描いています。

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界~宇宙(そら)の記憶~」と題して、

高さ約1.8メートル、幅約5メートルの大きな作品を中心に30点を展示する展覧会は全国初。

描き出される生き物や風景の質感や奥行きや立体感は、光の陰影のみで描かれており、

心が一瞬にして異空間へと導かれるような幻想的な光の世界をお楽しみいただけることでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーー

ゆるかわふう プロフィール

1980年 大阪府出身

2006年 東京藝術大学美術学部建築科卒業

2008年 東京藝術大学大学院美術研究科芸術学(美術解剖学)修了

2008~11年  東京藝術大学大学院美術研究科芸術学教育研究助手

背後からLED照明を透過させた発泡断熱材の表面に凹凸をつけることで、

光の陰影を表現する世界初のオリジナル技法「光彫り」を考案。

絵画でも彫刻でも映像でもない新ジャンルアートのパイオニアとして角界から注目されている。

日テレ「ヒルナンデス」、読売テレビ「ミヤネ屋」NHK「おはよう日本」、フジテレビ「めざましテレビ」など、テレビ出演多数。


作家ホームページ

https://www.yurukawafuu.com